メニュー

閉じる

プログラミングとは

プログラミングの重要性が増す中で、小学校、中学校にてプログラミング学習が必修となります。
数学や理科の課題に対し、プログラミングの考え方を使い、どのように取り組むことができるのか学びます。
誰もがプログラミングの知識を身につける時代になっています。

プログラミングとは
自分のための「プログラム」
を作ること。

コンピューターへの命令(コード)を記述した「プログラム」が、スマホもパソコンも家電製品も動かしています。
自分が欲しいものや、あったらいいなと思うものを、「プログラム」を書いて作りましょう。
例えばアクションゲームであれば、「キーを押すとキャラクターが動く」「敵が動く」
「敵を倒すと点数が上がる」「敵に当たるとゲームオーバー」「ゴールにたどり着くとクリア」など、
1つ1つのことを全てプログラミングしています。

プログラムは色々なところで
使われている

プログラムは色々なところで使われているプログラムは色々なところで使われている

プログラムは色々なところで
使われている

多くの人が利用するスマホ、ゲーム、PCはもちろん、冷蔵庫、自動車、電気のメーター、銀行のATM、その他、ありとあらゆる電子機器を動かしているのが「プログラム」です。
プログラムを利用するのはプログラマだけではありません。どんな仕事であっても、PCやシステムを利用する時に使用します。また、近年ではRPA(Robotic Process Automation、作業の自動化)が銀行や大手企業に導入され、定型の事務仕事は自動で行われるようになりました。
今後の仕事においては、プログラムを理解して仕事を進められること、プログラムを自分で書けることが求められます。

幅広いプログラミングの世界

幅広いプログラミングの世界幅広いプログラミングの世界

幅広いプログラミングの世界

プログラミングはコードを書くことに限りません。キャラクターのモデルを作ること、デジタルアートを作ることも、立派なプログラミングです。
例えばProcessingという言語を使い、台風や巻き貝のような図形を描いたり、時間が経つと変わっていくアートを作ることもできます。プログラミングは、本当に様々なところで使われます。

年齢に関係なく活躍できる

年齢に関係なく活躍できる年齢に関係なく活躍できる

年齢に関係なく活躍できる

プログラミングの能力は年齢に関わりません。小学生や中学生のうちから素晴らしいプログラムを作り、活躍している人は多数います。

プログラミングについて
もっと知りたい方

詳しい資料の請求や無料体験への
お申し込みはこちら