Nepps

Nepps初のLT大会(発表会)を開催しました!Nepps大宮校ブログ

こんにちは、Nepps(ネップス)大宮キャンパスの吉田です。2019年4月に開校してから3ヶ月が経ち、生徒が制作したものを定期的に発表するLT大会を先月の6月29日に実施いたしました。

 

1.LTとは?

LT大会というのはLightning Talks(稲妻トーク)の略称で、簡単なプレゼンテーションをさしています。

1人5分間でこの3ヶ月Neppsに通ってくれてどんな成果が現れたのか、生徒たちが自分の作品をスライドにまとめて発表しました。その発表から親御さんがお子様の成長を喜んでくれたり、通っている他の生徒がどのようなことをやっているのかいい刺激にしてもらい、さらなるレベルアップを目指すことが目的の一つです。また数ヶ月間隔を空けて発表することで、次の目標設定がしやすいことも目的の一つです。

 

         

 

今回発表してくれた生徒たちは皆緊張しながらも、精一杯発表してくれたので、生徒本人からも参加してくれた親御様もとても満足してくれました。また体験スペースを設置して他の生徒がどんなことをやっているのか触ってみることができたので、参加してくれた方々が笑顔の絶えない時間が良かったです。

 

 

1.生徒たちの発表の様子

今回は全員ではありませんが、いくつか発表してくれた生徒をご覧頂きたいと思います。

 

Unityで一人称の3Dシューティングゲームを作り自分で敵も作っていました。目線が一人称で目前にいる敵を狙い打ちすることが難しくもありましたが、命中することで大人も楽しめる作品非常に面白かったです。

 

 

こちらもUnityで3Dシューティングゲームでしたが、こちらは縦スクロールシューティング、いわゆる弾幕ゲームと言われるもので、その概案がすでに作り込まれていてすごいと思いました。ゲームをやっていた大人たちが懐かしいと感じる雰囲気も随所に感じることがありこれからが楽しみな作品です。

 

 

通常授業はUnity中心でしたが、作品を仕上げる終盤でメインを棒人間にするために、Blenderを使って3DモデリングしたキャラクターをUnityに取り込み実際に操作することができていました。動作においても走る・曲がるがとても上手に仕上げてこれたことはとても素晴らしい出来になっていました。

 

 

機械学習を授業で行っている生徒ですが、ログインシステムでデバイスを検知して起動制限するものを作成していました。登録されているmacアドレスが正しいかどうかで起動するかパスワードを入力させるかなどハイレベルなことにチャレンジしています。本人的なまだ納得は出来ていないのかもしれませんが、レベルの高いことが出来て先生たち周りのみんなも感心していました。

 

 

Unityを使って3Dアクションゲームを作っている生徒です。キャラクターを移動・ジャンプさせたり、BGM・SEに拘った部分も他の生徒にない素晴らしいポイントでした。他の生徒よりも制作期間が短ったにも関わらずここまでのクオリティに持ってきたのでは素晴らしかったです。

 

2.まとめ

他にも競技プログラミングの発表やBlenderで武器を再現した生徒、別のUnity作品もあり個性に溢れた発表が多数出来ていました。そして我々Neppsのスキルを皆さんにも見てもらいたいと思い、職員や講師陣からそれぞれ発表もさせて頂き、少しでも興味関心が湧いてくるようなLT大会を定期的に開催する予定です。参加してくださった生徒さん、親御様、講師陣本当にお疲れ様でした。次の機会に向けてまたいい作品を作って行きましょう!!!!

 

 

3.サマースクールのご案内

Nepps(ネップス)では、7/23(火)〜8/31(土)の期間でプログラミングサマースクールを実施いたします。今回発表する生徒さんが多かったUnityを使ってのVR開発講座や、自由研究向きのサッカーロボット講座など、プログラミングを楽しみながらしっかりとした技術を学ぶことのできる講座を多数取り揃えています。

ご興味のあるかたは下記のURLよりぜひお申し込みください。

https://nepps.jp/news/archives/265.html

 

 

4.無料体験のご案内

Nepps(ネップス)では、7月中も随時無料体験を行なっております。一回様子を見てみたいという方は、ぜひお待ちしておりますので下記URLよりお申し込みください。

https://nepps.jp/free-trial/