メニュー

閉じる

「楽しく学ぼう!親子プログラミング体験」ご参加いただきありがとうございました!

6/15(土)Nepps開校後初となる親子イベントを開催いたしました。

今回は、その様子を少しご紹介します。

 

「親子で楽しく学べる」をモットーに、グループワークを取り入れた体験会を行いました。

Scratchでのプログラミング体験の前に、親子対決と題して「マシュマロチャレンジ」を実施。

パスタや紐、テープを使い、とにかく自立可能なタワーを高く建てた方が勝ちというゲームです。一見簡単そうですが、最後にタワーの一番上にマシュマロを乗せ(または刺す)自立させなければいけません。世界記録は99cm。果たしてどのチームが勝利するのか…!お父さま&お母さまチーム・お母さまチーム・子供チームの3チームで対戦します。

 

第1回戦は、お父さまの活躍が素晴らしく、お父さま&お母さまチームの勝利。振り返りを行い、修正点を相談し、第2回戦に挑みます。

1回戦目よりも全チームのタワーは、しっかり高く作られていきます。子供たちもグループで協力しながら、着々と高いタワーを建てていきます。結果は…僅差でお母さまチームの勝利!

 

    美しいタワーが建ちました         大奮闘!子供チームの作品

 

このグループワークで学べることは…

  ①計画性 プロセスを系統立てて考える

  ②協調性 仲間と協働でプログラムを組み立てる

  ③創造性 自ら創造したアイデアを試していく

  ④実行力 まずは、とにかくやってみる!

いわゆる、「PDCAサイクル」です。プログラミングでも重要となる「とにかくやってみる」ことを体感する時間となりましたが、この後のScratchの授業に生かせるでしょうか…!?

 

休憩を挟んで、いよいよ待ちに待ったScratchでのゲーム制作に取り組みます。

 

  MacBookとタブレットを使っていきます      先生の説明にしっかり耳を傾けます

 

今回は、2Dスクロールアクションゲーム制作にチャレンジしていきます。タブレットにある教材を見ながら親子でゲームを作っていきますが、わからないところがあればすぐにパートナーや先生が教えてくれます。

 

       わからない所は、パートナーや先生にききながら進めていきます

 

スクラッチキャットがゴールをする場面まで作り終えたら、今回の目標はクリア!終わった生徒は、発展の教材に入り、どんどん進めていくこともできます。

 

      夢中で取り組みます           こんな敵キャラを置いてみたり…

 

体験授業では、ご本人専用のアカウントを発行するので、授業中にやりきれなかったゲームの続きをご自宅で作っていただくこともできます。

 

体験にご参加いただいた保護者の方には、「子どもだけでなく親の私の頭もずっと使いっぱなしで、とても興味深く楽しい時間を過ごすことができました」「親子で楽しめました」と大変うれしいお声をいただきました。生徒のみなさんからも「家でもぜひやってみたい」や「マシュマロチャレンジが楽しかった」と体験を楽しめたというお声をいただくことができました。

 

今回、雨脚の強い中ご参加いただいた生徒・保護者のみなさまに、職員一同心より感謝いたします。

 

 

Neppsでは、無料体験授業を随時行っております。また、7月末から8月にかけて、サマースクールも開催いたします。自由研究に最適な授業もご用意しています。

ぜひ、ご参加ください。

 

▼サマースクール詳細はこちらから

https://nepps.jp/news/archives/265.html

 

▼無料体験授業のご予約はこちらから

https://nepps.resv.jp

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさまのご予約をお待ちしております。

 

 

 

 

詳しい資料の請求や無料体験への
お申し込みはこちら