Nepps

プログラミングを学ぶメリット

プログラミングとは自分のための「プログラム」を作ること。
コンピューターへの命令(コード)を記述した「プログラム」が、
スマホもパソコンも家電製品も動かしています。
自分のための「プログラム」を作り、
自分が欲しいもの、あったらいいなと思うものを作る力を身につけます。

年齢に関係なく
小学生・中学生の
うちから活躍できる

プログラミングは学年や年齢に関係なく学べ、パソコン1台あればさまざまなものを作り出すことができます。小学生や中学生であっても、アプリの作り方を学び、自分のアプリを公開している人はたくさんいます。実践的なプログラミングを学び、どんどん自分の作品を作っていきましょう。

プロのプログラマは
就職に有利

プログラミングを専門に働くプログラマは就職にも有利です。職種別の求人倍率では、プログラマが最も倍率が高く、8.77倍となっています。これは、1人の求職者が8.77個の求人から選べるという比率です。プログラマに最高年収1億円を出す求人も現れています。

プログラミング学習で
身につく
多様な能力

Neppsで身につくのはプログラミングの力だけではありません。「プログラミング的思考」と呼ばれる力も身につけていきます。

  • 小さな手順を積み重ねて、さまざまな動作を構築する能力
  • プログラムの動作を細かく分解し、1つ1つの手順を理解する能力
  • 条件ごとに処理を変え、どんな場合にも対応できる手順を考える能力
  • 想定通りに動かない時に原因を探し、修正する能力