メニュー

閉じる

三橋 優希

三橋 優希

2018年 全国小中学生プログラミング大会にてScratchで作成したゲーム「つながる。」でグランプリを受賞。「未踏ジュニア」では「UTIPS - 家事の情報共有サービス」を企画・開発し、2018年未踏ジュニアスーパークリエータに認定。CoolestProjects2018 Games + Web Games部門最優秀賞受賞など、国内外で数々の受賞経験あり。
現在、N高等学校の生徒として学びながら、Neppsの講師を勤める。得意とするScratchとUnityを主に教えており、生徒のプログラミング力を伸ばしながら、作品作りをサポートしている。

小さい頃から、欲しいものの実現に必要なことを学んだ

Neppsの講師となるきっかけを教えてください。

三橋:小さい頃から絵を描いたり、Scratchを使ったりするのが好きだったんです。そこからScratch以外のプログラミング言語にも手を出しました。プログラミングを通じて、他のイベントへ参加するようになりコミュニティも広がりました。そのおかげで今の自分があります。だから、他の人たちにもプログラミングという手段があることを教えたいと思うようになっていきました。
そんな想いをいだきながら、N高等学校(N高)に入学したときに学内でNeppsの講師募集があったのを機に応募したんです。

N高に入学したきっかけはどのようなものだったのですか?

三橋:私は小学校・中学校へ通学したことがなく、ホームスクーリングで家で勉強するスタイルでした。自分のペースで勉強ができて、時間を好きに使えるんです。それが自分に合っているなと思って、高校生になっても続けたいと思っていました。高校には進学したいと思っていて、プログラミングに理解があることと、知り合いや友達がN高の先輩だったので、一番安心できると思い、N高を選びました。

三橋さんがプログラミングを学ぶきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

三橋:小学5年生のときに父からScratchの存在を教えてもらったんです。今もずっとやり続けています。なぜなら楽しいからです。ただ、スマホを入手したときに、スマホで動く作品はScratchでは作れないことを知りました。なので、Unityを学び始めました。
何かきっかけがあると言うより、実現したいものができた時に、それに必要な技術を学ぶようにしています。言語もそうですし、その他のことも同じスタンスです。Webサービスを作るには、UnityでもScratchでもないな、じゃあRuby on Rails(註1)を学ぼうと思って、勉強しました。

独学となると、Webで調べることが多いと思うのですが、英語で書かれた情報も得ているわけですね?

三橋:そうですね。Webの翻訳サービスにお世話になっています(笑)。ソースコードを読んでいるうちに、プログラミングでよく使われる英語はなんとなくわかっていくので、エラーメッセージの内容はすぐにわかるようになりました。プログラミングで作りたいものがあるから英語もがんばって、乗り越えた感じですね。

自身のやりたいこと、興味のあることを出発点にして、プログラミングも、英語もその他の必要なことも学ばれているんですね。

三橋 優希三橋 優希

Neppsはどんなところ?

Neppsに通う小学生・中学生にとって、三橋さんのような存在は大きいと思いますが、三橋さんはNeppsをどんな場所だと考えていますか?

三橋:Neppsのように、人に相談したり教えてもらえる場所は大事なものです。プログラミングを一人で学ぼうとするときりがないんです。そんな時に、毎週講師に進捗を報告することや、LT大会で発表することで、自分の中でも区切りをつけることができます。人に会える環境がセッティングされていることは大事なことだと思います。

三橋さんが独学していた時もそう考えていましたか?

三橋:独学しているときは意識していませんでした。が、未踏ジュニアに採択され、PM(プロジェクト・マネージャー)さんとの週1回のミーティングにてアドバイスをいただいたき、進めやすいと実感したことが大きいですね。

生徒と話すときに気をつけていることはありますか?

三橋:私は作りたいもののために技術を習得しているのですが、生徒の中には、まずは技術を使ってみたいと考える人もいて、新鮮で面白いです。あとは、生徒が独自に制作しているものの技術課題を解決しようとする時は、私も一生懸命調べて感動しています(笑)。

教えるよりも学び合っていくような感じですね。

三橋:教材を使う上では教えていきますが、それ以外のところでは一緒に学び合うのがベースになっています。

三橋 優希三橋 優希

プログラミングスクールは、一緒に学べる場所

小学生・中学生がプログラミングを学ぶ意義はどういうものだと思われますか?

三橋:表現の幅が広がることですね。自分の世界観を表現しようとするときに、絵や文章、写真など色々な表現手段がある中で、その一つがプログラミングだと考えています。プログラミングを使い、何かを作ることで表現できるものもあります。
また、最近ではプログラミングのイベントが増えてきました。私は絵もよく描きますが、絵はプログラミングほど面白そうなイベントがなかなか見つからないんです。イベントが多いと、コミュニティと繋がりやすくなります。
プログラミングのイベントは、言語ごとにしっかりと区切りがあり、Ruby(註2)ならRuby、C♯ならC♯ときちんと分かれています。勉強会も頻繁にありますし、言語やフレームワーク(註3)ごとのコミュニティがしっかりしているので、どのコミュニティにアプローチすればいいのかわかりやすいので、初心者に優しいと思います。

三橋さんにとってNeppsはどんな場所ですか?

三橋:生徒と一緒に学び合える場所です。プログラミングで楽しむことを次の世代に伝える場所でもあります。次の世代と言っても私と2、3歳しか違わない生徒もいますが、私よりももっと年下の人たち、周りの人たちに継承していく場所の一つですね。
やりたいことがある人もない人も、オススメです。やりたいことがある人だったら、それを尊重しますし、やりたいことがなかったとしても、色々なものを見てみることで可能性を広げられます。そうして自分の好きなものが見つかるかもしれないし、プログラミングではなくても、「わたし、絵を描くのが好きなんだ」のように新たな発見に繋がると思います。すごくおすすめです。

註1:Ruby on Rails は、Rubyで書かれたオープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。
註2:Rubyは、日本で開発されたオブジェクト指向スクリプト言語。そのため、日本語での解説が多く、初心者でも取り組みやすい言語です。Ruby on Railsなどの存在もありWebアプリケーションのバックエンドとして使われることが多いです。
註3:フレームワークは、プログラミング開発を効率的に行うことができるツールであり、プログラミング言語ではありません。プログラムを一行一行書くのは手間がかかりますが、フレームワークのルールに従ってコードを書くことで、時間を短縮できます。また、コードの書き方が統一されるので、運用管理、機能追加や改修が簡単になり、効率的に作業を進めることができます。

Photo:Takayuki Kariya

詳しい資料の請求や無料体験への
お申し込みはこちら