Category: 日本の教育

日本の教育

大学で学べる事

日本では良い大学に進むことで、その後の就職活動を有利に進めることができるという考え方を持っている人がたくさんいます。これはもちろん間違っていませんし、実際に名のある大学を卒業することで、大企業に就職することが出来たり、良い環境で働くことができる可能性は高まるでしょう。しかし大学というのは本来学ぶための場所であり、企業に就職するためのステータスではありません。そんな日本での大学で学ぶことのできることを考えていきましょう。 大学で学べる事 文系の学部に通うか理系の学部に通うのかで大きく変わってきます。理系であれば、たくさんの研究や発表を行うことで、基本的な研究の方法や、論文の書き方やプレゼンの力を学ぶことができます。文系は比較的理系に比べると楽という場合が多いですが、それでも専門知識を学ぶことができます。

日本の義務教育

日本では小学校の6年間と、その次の中学校の3年間が義務教育として行われています。この9年間の間に基本的な学力や知識を身に着けます。義務教育として行われているのはここまでですが、それでも9割の人がその後に高校に進学します。高校では一般的に入学試験が設けられており、ある程度学力のレベルのあった生徒が同じ学校に通うことになります。 高校入試に向けた準備 どの高校に入るかというのは、その後に大学への進学を考えているのであれば、非常に重要な選択になってきます。レベルの高い高校へと進学することができれば基本的にその後もある程度のレベルの大学への進学は約束されます。そのため、高校入試に力を入れて、たくさんの準備を行う人は少なくありません。それだけ重要なものというわけです。